インクリアの生理中、生理前後の使い方。

インクリア生理中

インクリアは生理中や生理前、生理後にも使えます。生理中の独特な臭いを抑えるのはもちろん、生理を早めに終わらせるなどの効果も期待できます。

 

それぞれの時期に合わせた、適切な使い方を紹介します。

 

 

生理前の使い方

生理前はおりものの量が増え、不快な臭いも出やすくなります。そんな時はインクリアを使っておりものの不快感や臭いを洗い流せば、生理前も快適に過ごせるようになります

 

 

生理中の使い方

インクリアは生理中に使っても問題ありません。
経血を洗い流したい時や臭いを軽減したい時に使えます。

 

ただし、アプリケーターを挿入する時に経血が逆流してしまう場合もあるので、必ずトイレで使用してください。また、インクリアとタンポンを同時に使うと、タンポンがインクリアを吸収してしまうので、あまり効果がありません。

 

また、何度もアプリケーターやタンポンを挿入することで、膣内がかぶれたり傷ついたりするおそれがあるので、生理中にインクリアを使う際はナプキンで対応しましょう。

 

 

生理後の使い方

生理が終わる頃に使うと、膣内に残った経血をインクリアが洗い流し、長引きがちな生理をスッキリと終わらせてくれます。

 

経血やおりもので汚れてしまったり、汗やナプキンで蒸れてしまったりして臭いがちなデリケートゾーンを、清潔な状態に戻してくれる作用もあります。

 

 

このように、インクリアは生理中の気になる臭いや不快感を軽減し、快適に過ごせるようサポートしてくれます。

 

→不快感スッキリ|インクリアの公式サイトはこちら

インクリアはどれくらいの期間使い続けたら臭いがおさまる?

インクリアどれくらい期間

インクリアは臭いの原因となる膣内の分泌物やおりもの、経血などを洗い流してくれるので、臭いに関しては即効性が期待できます。

 

しかし、必ずしも万人が即効性を感じるわけではなく、人によっては効果を実感するまで時間がかかる場合があります。

 

具体的にはどれくらいの期間で効果があらわれるのでしょうか?

 

 

インクリアの公式サイトでは、まずは3日連続で使用するよう案内されています。

使用するのは1日1本で十分です。何本も使うと、逆に効果が薄くなってしまいます。

 

最初の3日で臭いが気にならなくなったら、3日目以降は毎日使う必要はありません。体質や体調、生理周期などにもよりますが、3~4日に1度の使用で臭いがおさえられます。

 

もしも臭いが改善されなかったとしたら、以下の可能性が考えられます。

 

 

カンジダや細菌性膣炎にかかっている

カンジダや細菌性膣炎が進行していると、インクリアだけで治癒することはありません。特に強い痒みや痛み、炎症などがある場合は、病院で適切な治療を受けてください。

 

すそわきが

インクリアはすそわきがの臭いを抑える効果は期待できません。専用のケア用品を使うか、専門のクリニックに相談してみてください。

 

生活習慣の乱れ

ストレスや生活習慣の乱れにより膣内環境が乱れると、雑菌が繁殖しやすくなり臭いの原因になります。

 

インクリアで膣内環境を調えるサポートをしても、それ以上に膣内環境が悪化してしまうと、効果を発揮できません。睡眠不足や偏った食生活を自覚している方は、意識して改善しましょう。

 

 

以上のような場合を除けば、インクリアは最短3日ほどで効果を実感できることもあります。

 

→3日で実感も!インクリアの公式サイトはこちら