デリケートゾーンのにおいがイカくさい!?

あそこの匂いは気にしすぎ?

デリケートゾーンやオリモノの臭いが気になるといっても
実は本人の気にしすぎということも多いんです。

 

ただ、デリケートゾーンがイカくさい!とか、魚の腐った臭いがする!とか
「すそわきが」など気にする人もいるのですが、
病院で本当に「すそわきが」と診断される人はごく少数だそうですよ。

 

デリケートゾーンのニオイやオリモノの量が変化するのは
女性なら正常なことですが、
体調の変化や病気などのサインが隠れている場合もあるので
普段からオリモノの状態を自分で確認しておくようにしましょう。

 

・健康なとき(正常なおりもの)
オリモノの色は透明または乳白色~クリーム色です。
ニオイは無臭です。多少酸っぱい臭いがすることもありますが、
膣内が酸性のためなので問題ありません。

 

・腐ったような臭い
膣内環境が乱れて雑菌が繁殖している状態です。
ストレスや食生活の乱れで体の抵抗力が弱っている可能性もあります。
早めのケアが必要です。

 

・水っぽく量が多い、ヨーグルト状、黄色・黄緑色、ピンク色・茶色など
クラミジア頚管炎、カンジダ膣炎や淋菌感染症、トリコモナス膣炎、
または、子宮頚管ポリープなどの可能性があるので
病院での診断を受ける必要があります。

オリモノのニオイは生理前や排卵時に強くなる

オリモノは膣内を清潔に保ち、膣内を酸性に保って
雑菌の進入や繁殖を防ぐなど大切な役割を持っています。

 

オリモノの量や色は、女性ホルモンと密接な関係があり、
女性の約1ヵ月の月経周期によってオリモノの状態も変化します。

 

1ヵ月でオリモノの量が多く臭いも強くなるのが
生理前と排卵時です。

 

排卵期にはオリモノはゼリー状で量も多くなります。
血が混じることもありますが心配はありません。

 

また、排卵時には精子を受け入れるために
膣内がややアルカリ性側に寄っているため
デリケートゾーンやオリモノの臭いが強くなることがあります。

 

その後、黄体期に入ると量は少なく色は白っぽくなります。

 

そして、生理前にはまたオリモノの量が多くなり、
血が混じることもあるためニオイが強くなることがあります。

 

生理後はまた量が減り、さらっとしたオリモノになります。

 

オリモノの状態や変化のパターンを知ることで
自分の体調や健康状態についてチェックすることができますね。

 

また、デリケートゾーンやオリモノのニオイが強くなりやすい時期を
きちんと知っていれば、早めに適切なケアができますし、
ケアをされるのであれば、私も実際に使ったインクリアがオススメです。

 

不快な臭いでストレスを感じることもなくなりましたよ。

 

→インクリアを特別価格で!公式サイトへ