インクリアの効果とは?

インクリア効果

インクリアを使うことで、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。
3つのポイントに分けて紹介します。

 

デリケートゾーンのに臭い対策

デリケートゾーンはおりものや汗、垢、排泄物などが付着しやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。

 

外陰部はウォシュレットを使ったり、専用の石鹸を使ったりすることである程度綺麗になりますが、体の中まで洗うことはできません。

 

そこで重要となるのが、膣に本来備わっている自浄作用です。健康な状態であれば、膣の中は常に酸性に保たれ、雑菌が侵入したり繁殖したりすることはありません。

 

しかし、ストレスや生活習慣の乱れにより膣内の環境が乱れると雑菌が増え、臭いの原因となります。

 

インクリアは乳酸を配合したジェルと膣内へ直接注入することにより、自浄作用をサポートし雑菌の繁殖を抑えます。また、おりものや経血そのものが臭いを発する場合もあります。

 

インクリアが膣の中に残った分泌物や経血を洗い流してくれるので、即効性も期待できます。

 

 

カンジダや細菌性膣炎の予防

膣内環境が乱れ自浄作用が弱まると、カンジダや細菌性膣炎などにかかりやすくなります。インクリアは膣内のph値を正常な状態へと戻し、菌の繁殖しにくい環境を作ります

 

閉経後の乾燥対策

閉経後は女性ホルモンの分泌量が減るとともに、おりものも少なくなり膣内が乾燥しやすくなってしまいます。

 

すると雑菌が繁殖しやすくなり、おりものの異常やデリケートゾーンの臭いを引き起こします。インクリアで潤いを与え膣内環境を整えることで、デリケートゾーンのトラブルを防ぎます。

 

 

インクリアは単純に膣内を洗い流すだけでなく、膣内環境を調える作用もあります。特に、どんなに洗っても臭いがとれなかったり、おりものの臭いや量が気になったりという方は、一度インクリアを使ってみることをおすすめします。

 

→悩む時間がもったいない!インクリアの公式サイトはこちらへ

インクリアの効果的な使い方とは?知らなきゃヤバイ!?

インクリア効果的な使い方

インクリアの使い方そのものは複雑ではありません。タンポンのようにアプリケーターを膣内へ挿入し、ジェルを注入するだけです。

 

しかし、使うタイミングや使い方によっては、インクリアの効果をさらに引き出したり、逆に半減させてしまうこともあります。インクリアを効果的に使うためのポイントを紹介します。

 

 

3日間連続で使用する

特に臭いが気になるという方は、まずは3日間続けてインクリアを使ってみましょう。お風呂から上がった後、体が清潔な状態で使いましょう。

 

インクリアは膣内に注入してからしばらく経つと、ジェルが少しずつ漏れ出してきます。力んだり体を激しく動かしたりするとそれだけ多く出てきてしまうので、ジェルを長く体内に留めておくためにも寝る前の使用がおすすめです。

 

排出されたジェルが下着や肌についてしまうのが気になる場合は、ナプキンやライナーを使ってください。

 

 

あえて念入りに洗わない

臭いが気になるからと言って、ボディソープやビデでデリケートゾーンを洗いすぎてしまうと、かえって膣の自浄作用を奪ってしまいます。

 

また、一日に何本もインクリアを使って膣内を洗い流してしまうのも逆効果です。使用は一日1本にとどめ、お風呂に入る時もデリケートゾーンをゴシゴシ擦ったり、石鹸をつけて洗うのは控えましょう

 

 

生活習慣を改善する

そもそも膣内環境が乱れたり自浄作用が低下したりするのは、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが主な原因です。

 

いくらインクリアで膣内環境をサポートしても、本来の免疫力を高めなければ改善は望めません。まずは生活習慣を改善し、本来の膣の働きを取り戻すよう努めましょう。

 

 

以上のポイントを踏まえたうえで、パッケージの注意書きや公式サイトによく目を通し、正しい使用方法を守りながら使ってください。

 

→インクリアの詳細は公式サイトへ