インクリアでカンジダが治る?噂の真相

インクリアカンジダ治る

インクリアの使用者の中には、カンジダが治った、症状が緩和したという方もいます。本当にインクリアには、カンジダを治す効果があるのでしょうか。

 

 

そもそもカンジダとは、カンジタ膣炎や膣カンジタ症とも呼ばれる感染症で、カンジダ真菌という菌が原因で起こります。

このカンジダ真菌はもともと皮膚や粘膜に存在し、健康な状態であれば体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

しかし、ストレスや疲労、妊娠などが原因で免疫力が低下するとカンジダ真菌が繁殖し、痒みや痛み、炎症などの症状を引き起こします。

 

初期のカンジダ膣炎は自覚症状がない場合もあります。たとえ痒みがなくてもおりものの量が増えたり、おりものが白っぽかったり緑ががっていたり、またはポロポロとした固形状になっていたら、カンジダ膣炎にかかっているおそれがあります。

 

また、一度発症すると再発しやすいのも、カンジダ膣炎の特徴です。

 

 

インクリアは膣の自浄機能をサポートする作用があるので、カンジダや細菌性膣炎などの予防に効果的です。

 

さらに、ごく初期のカンジダ膣炎であれば、膣内の環境を整え免疫力を上げることで、症状を緩和したり自然に治癒させる効果も期待できます。

 

ただし、インクリアに薬効はないので、あまりにも強い痒みや痛みをともなったり、ただれるような炎症を起こしている場合は、婦人科で適切な治療を受けてください。

 

 

カンジダ膣炎は女性なら誰もかかる可能性のある病気です。しかし、デリケートゾーンの悩みは人には相談しづらく、病院にかかるのも抵抗があるという人もいます。

 

少しでも不安に感じたら、ひどい症状が出る前にインクリアを使って予防・改善に努めましょう。

 

→カンジダにも!インクリアの公式サイトはこちら

インクリアでクラミジア治る?噂の真相その2

インクリアクラミジア治る

インクリアの使用者には、インクリアでカンジダ膣炎や細菌性膣炎が自然治癒したり、症状が緩和したりという体験をした方が多くいます。

 

しかし、クラミジアを治す効果はありません。

 

 

クラミジアは性器クラミジア感染症とも呼び、という真菌が原因で起きる病気です。

 

カンジダ膣炎もカンジダ真菌により引き起こされる病気ですが、カンジダ真菌がもともと人の体の中にいるのに対し、クラミジア・トラコマチスは外部から感染します。

 

 

クラミジアは感染しても自覚症状のない場合が多く、おりものの量が増えたり臭いがしたりなどの異常があっても、単なる体調不良と決めつけてしまう人や、カンジダや細菌性膣炎と勘違いしてしまう人もいます。

 

さらにクラミジアが進行すると生理痛が重くなったり、性交時に出血したりなどの症状もあらわれます。

 

 

インクリアは多すぎるおりものを洗い流し、臭いも軽減してくれるので、一時的に症状が緩和したように思われますが、インクリアには病原菌を殺すような薬効成分は含まれていないので根本的な治療には至りません。

 

インクリアを使い続けても効果が感じられないという場合は、早めに病院で受診し、適切な治療を受けてください。

 

 

しかし、インクリアにクラミジアを治す効果はないものの、予防する効果は期待できます。

 

クラミジアは性交やディープキスなど、粘膜同士が直接触れ合うことで感染します。性交後にインクリアを使って膣内を洗浄し、同時に膣の持つ免疫力を高めれば、感染リスクを軽減できます。

 

→インクリアの公式サイトはこちら