インクリアに副作用は起きない?

インクリア副作用

インクリアは膣内に直接注入するタイプの膣洗浄剤です。そのため膣が傷ついたり、何らかの副作用があるのではないかと不安に思う方もいるようです。

 

しかし、インクリアには体に悪い影響を及ぼす成分は一切含まれていません。

 

 

インクリアは薬効こそありませんが、ドラッグストアなどで市販されているビデとは違い、管理医療機器に分類されます。

 

商品は一本一本個包装されており、一回使いきりタイプなので開封後も劣化したり、雑菌が付着したりする心配はありません。

 

また、インクリアは口に入れても問題ないほどに、安全な成分で作られています。市販されているビデは膣内の善玉菌まで洗い流してしまうおそれがあります。

 

しかしインクリアは膣内環境を整える乳酸や、保湿成分であるヒアルロン酸ナトリウムなどが配合されており、膣の免疫力を下げる心配はありません。

 

香料などの添加物も使用されていないので、デリケートな体質の方でも安心して使えます。

 

ただし、アレルギーを持っている方や妊娠中の方は、使用する前にかかりつけの医師に相談してください。

 

 

インクリアはタンポンのように、アプリケーターを挿入して膣内に注ぎ込む仕組みになっています。

タンポンを使用したことのない方でも使いやすいよう、アプリケーターは挿入しやすい細身の流線形にデザインされており、膣内を傷つける心配はありません。

 

サイズもコンパクトなので、メイクポーチなどに入れて気軽に持ち歩けます。

 

 

→添加物なし!インクリアの公式サイトはこちら

インクリアの成分に悪いものは入っていない?

インクリア成分

インクリアは薬ではないので、副作用を起こすような強力な成分は配合されていません。公式サイトには、配合されている成分も明記されています。

 

インクリアの成分

・精製水
・グリセリン
・ヒドロキシエチルセルロース
・乳酸
・パラオキシ安息香酸メチル
・ヒアルロン酸ナトリウム
・クエン酸ナトリウム
・エデト酸ニナトリウム

 

 

精製水は市販のビデにも主成分として含まれていますが、水だけで洗い流してしまうと膣内環境を保つために必要な善玉菌まで失われてしまいます。

 

インクリアは膣内環境をサポートするために乳酸が配合されています。また、グリセリンは化粧品や薬品にも使われる安全性の高い成分です。

 

ヒドロキシエチルセルロースは聞きなれない成分ですが、植物から抽出された天然成分で、安全性が確認されています。

 

また、保湿成分であるヒアルロン酸ナトリウムが配合されているため、おりものの分泌が少なくなる閉経後のケアにも効果的です。なお、香料などの添加物は含まれていません。

 

口に入れても問題ない成分で作られているので、潤滑ローションの代わりにも使えます。

 

インクリアは管理医療機器に分類されており、安全性は保証されています。初めて膣内洗浄剤を購入する方でも使いやすいよう、衛生面やアプリケーターの形にもこだわっています。

 

→安全性はピカイチ!インクリアの公式サイトはこちら